緊急ニュース新型コロナウイルス感染症に関する対応について

閉じる

お知らせ

ロボットコンテスト2022東海北陸地区大会に2チームが出場!

  1. ロボットコンテスト2022東海北陸地区大会に2チームが出場!

 2022年10月23日(日)に鈴鹿市にて開催されたアイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2022東海北陸地区大会に豊田高専から2チームが出場しました。
 お題は「ミラクル☆フライ ~空へ舞いあがれ!~」で,ロボットが自作の紙飛行機を飛ばして様々なオブジェクトに乗せて点数を競う大会でした。3年ぶりの対戦型競技となり,2チームとも本格的にロボット製作するのに2年以上のブランクが空いたため製作は難航しましたが,大会本番直前まで諦めずに工夫したり改良を積み重ねて臨みました。
 Aチームのロボットは「疾風(はやて)」で,素早い足回りで移動し,一度に2つの紙飛行機を飛ばせるロボットです。初戦では不具合が生じて走行性能を十分に披露できませんでしたが,不具合に対応した2回戦ではその走行性能を披露することができました。また,カートリッジ式にして紙飛行機の交換を容易にした点が評価されました。
 Bチームのロボットは「紙飛行機飛ば師」で,大きな紙飛行機が正確に美しい軌道を描いて空に舞うことをコンセプトに製作しました。試合では得点できませんでしたが,ダイナミックな飛行を見せることができました。
 惜しくも全国大会出場は逃しましたが,2チームとも技術とアイデアを評価され,特別賞を受賞しました!試合の様子はNHK総合テレビにて2022年11月13日(日) 午後 1時05分~1時59分に放送予定です。また,youtubeでも視聴可能です。ぜひご覧ください。


【Aチームの大会での様子①】

【Aチームの大会での様子②】

【Bチームの大会での様子①】

【Bチームの大会での様子①】

【(右)Aチームのロボット「疾風(はやて)」 (左)Bチームのロボット「紙飛行機飛ば師」】