閉じる

在校生の方

緊急時の対応

  1. 緊急時の対応
臨時休校について
特別警報・警報発令・地震注意情報発表時の対応

特別警報・警報発令時における休講について

午前6時の時点で、愛知県下に暴風特別警報・大雨特別警報が発令されている場合又は愛知県下(田原市を除く)に暴風警報(暴風雪警報含む)が発令されている場合、当日午前の授業は臨時休講となります。

その後午前10 時までに上記暴風特別警報・大雨特別警報、暴風警報(暴風雪警報含む)が解除された場合には、原則として授業は午後から実施します。ただし、鉄道等の運行状況や道路、河川等の復旧状況等で総合的に判断し、校長が特に必要と認めた場合には、午後の授業も休講とすることがあります。

授業中の場合は、上記暴風特別警報・大雨特別警報、暴風警報(暴風雪警報含む)が発令された後直ちに休講とし、帰宅勧告をします。

上記以外は原則として臨時休講になりませんが、自宅又は通学途中の地域における風水害によって授業への正常出席が不可能になった場合は、指導教員又は学生課教務係にその旨連絡してください。特別欠席扱いとなります。

地震防災対策

学生の安全を第一に考え、地震に関連した重大な情報が発せられた時点で、本校における災害対策本部の設置について検討を行い、設置の場合は、学生避難などの対策を指示します。

災害対策本部設置の際の対応

学生の安全対策

・直ちに授業や部活動、学校行事などを打ち切る。
 当日予定されている授業や学校行事はすべて中止又は延期とする。
・上記の授業又は学校行事の中止又は延期は安全が確認されるまでの間継続する。

学生の避難

(1)学生が在学中の場合
  安全な場所に誘導、避難させ、点呼・確認を行った後、帰宅させる。
  安全が確認できない学生については、保護者へ連絡し、迎えに来ていただく。

(2)学生が登下校中の場合
  交通機関の情報を収集し、帰宅する。 (交通機関に乗車中はその指示に従う。)

(3)学生が在宅中の場合
  自宅待機する。 (安全が確認されるまでの間臨時休講とする。)

土日祝日・臨時休業日及び長期休業期間中における警報又は特別警報発令時の課外活動について

午前6時の時点で、愛知県下(田原市を除く)に暴風警報又は暴風雪警報が発令されている場合、又は愛知県下(田原市を含む)に大雨特別警報、暴風特別警報又は暴風雪特別警報が発令されている場合、当日の課外活動は中止とします。

ただし、当日の午前10時までに上記警報又は特別警報が解除された場合には、各部及び同好会の顧問教員の判断により、その指導の下で、中止した課外活動を午後から行うことができるものとします。

課外活動中に上記警報又は特別警報が発令された場合は、直ちに課外活動を中止し、速やかに帰宅してください。

携帯電話対応

緊急情報(このページ)の携帯電話対応URL


QRコードを携帯電話で読み取り、URLを登録することができます。