閉じる

受験生の方

Q&A

  1. Q&A
豊田高専Q&A
中学生からの豊田高専に関する質問と回答です

質問と回答

Q1 豊田高専は高校ですか?

 高専つまり高等専門学校は、大学と同じ高等教育機関であり、高校ではありません。英語で表現すると “National Institute of Technology, Toyota College” です。したがって、年齢は高校生と同じでも高専生は「学生」と呼ばれます。

Q2 高専は専門学校ですか?

 特定の範囲の技術だけを学ぶ専門学校(「専門課程」を置く専修学校)ではありません。大学と同じ高等教育機関で、1年次から専門学科に配属されますが、5年間をかけて幅広い教養科目と体系的にまとめられた専門科目を学びます。

Q3 3年修了時には高校卒業と同等の資格が認められますか?

 所定の単位数を満たしていれば、3学年修了時に高校卒業と同等の資格が認められます。したがって、3年修了時点で進路変更する場合には、その年度での大学受験も可能です。

Q4 高専を卒業した後で大学に進学できますか?

 ほとんどの国公立大学の3年次に編入学ができます。大学により編入学試験の期日が異なるため複数の大学を受験することができます。豊橋市と長岡市にある技術科学大学は、主として高専卒業生のために設立された国立大学です。

Q5 専攻科について説明してください。

 高専を卒業後さらに2年間高専でより高度な勉強をするのが専攻科です。豊田高専には、電子機械工学専攻、建設工学専攻、情報科学専攻の三つの専攻があります。修了時には、大学改革支援・学位授与機構の審査を経て、大学卒と同じ「学士(工学)」の学位を取得することができます。

Q6 卒業時の就職状況はどうなっていますか?

 豊田高専は、創立以来一環して産業界からの求人は安定しており、昨年度(平成29年度)の求人倍率も20倍に達しています。これは、高専の少人数教育、特に実験・実習に重点を置く実践的な教育が産業界に認められ、また、卒業生の実社会における活躍が高く評価されているからです。

Q7 就職後の待遇は、高専卒と大学卒ではどうでしょうか?

 高専卒業生の企業等での評判は良く、国立大学工学部の卒業生と同程度として扱われることもあります。あとは実力次第です。特に国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)の受験資格があり、合格して採用されれば大学卒と同じ待遇です。

Q8 クラブ活動は盛んですか?

 高専には3年時の大学受験がないことと、学生寮があるためにクラブ活動はたいへん盛んです。特に体育部系は多くのクラブが東海地区高専体育大会で優勝して、全国高専体育大会まで出場しています。また、文化部系も定期演奏会やこうよう祭(文化祭)などを目指して熱心に活動しています。

Q9 学費や学生寮の経費はどのくらいですか?

 平成30年度の入学生の場合、入学金は84,600円、授業料は半期117,300円です。また、学生寮での寄宿料は月額700円、寮費は食事代などを含んで月額約30,000円です。

Q10 学生寮のことを教えてください!

 豊田高専では、教育施設の一つとして学生寮(7棟)があります。現在、約620名(女子約140名)の学生が楽しく寮生活を送っています。1年生の希望者は入寮できます。

Q11 女子学生はどのくらい在学していますか?

 豊田高専は、女子学生の入学も歓迎しています。平成30年度では、機械工学科に11名、電気・電子システム工学科に37名、情報工学科に38名、環境都市工学科に53名、建築学科に72名、専攻科に6名、合計217 名の女子学生が在学しています。女子寮には約150名が入寮できます。

Q12 入学後の転科は認められていますか?

 1学年と2学年の年度末に限り、次年度に転科できる機会が認められています。ただし、受け入れ学科のクラスに余裕があり、成績優秀な学生でなくてはなりません。

Q13 在学中に海外留学はできますか?

 できます。YFU、AFS等の派遣団体による交換留学制度により、毎年40名程度の成績優秀な学生が2~3年生の時に、アメリカ合衆国、オーストラリア、ドイツなどへ1年間留学しています。

Q14 外国からの留学生はどのくらい在学していますか?

 豊田高専は国際交流にも力を注いでおり、留学生を積極的に受け入れています。平成30年度では、カンボジア2名、モンゴル4名、マレーシア6名の留学生が在学しています。

Q15 豊田高専の入試倍率について教えてください。

 豊田高専には五つの学科があり、入学定員はそれぞれ40名の計200名です。入試倍率は、学科や年度によってばらつきはありますが、平均すると2.0倍程度です。

Q16 豊田高専の入試制度について教えてください。

 各学科とも定員(40名)の30%程度を推薦により選抜し、残りの70%程度を学力(マークシート方式)によって選抜します。学力選抜では、理科・英語・数学・国語・社会(5教科)の学力の成績と調査書から総合的に合格者を決定します。しかし、学力検査の成績が各学科の上位4名以内の受検生は、調査書の内容を不問にして合格としています。

Q17 高校から高専への編入学とはどのようなものですか?

 豊田高専では、工業高校や普通高校の卒業生による4年次への編入学制度があります。平成29年度に行われた編入学試験では、受験者数が7名で、そのうち1名が合格しました。

Q18 高専を試しに受検しても良いですか?

 学力検査による選抜についてはご自由に受検してください。ただし、合格した場合「入学確約書」を指定の期日までに豊田高専へ届くように提出しないと入学はできません。