緊急ニュース新型コロナウイルス感染症に関する対応について

閉じる

お知らせ

豊田高専が全国高専プログラミングコンテストにて活躍! 

  1. 豊田高専が全国高専プログラミングコンテストにて活躍! 

 10月15日(土)~ 16日(日)に群馬県高崎市のコンベンションセンターである「Gメッセ群馬」にて開催された、第33回全国高専プログラミングコンテストの本選に情報工学科を中心とした学生グループが出場しました。
 3部門4チームが本選に進出し、そのうち自由部門にて全国2位となる優秀賞(最優秀賞に次ぐ賞)、課題部門・競技部門にてそれぞれ全国3位相当となる特別賞を受賞しました。
 豊田高専として4年ぶりの対面形式での参加となりました。まだまだ荒削りな部分もありましたが、受賞数・内容ともにこれまでで最も良い結果を残すことができました。ほとんどの学生が3年生以下であり未経験者ばかりでしたが、作品制作の取り組みや大会参加で得られた社会人とのふれあえた経験はこれからの学生生活の糧として生かされると思います。


【大会に参加した学生と情報工学科都築 啓太准教授(後列左1人目)で記念写真】


【優秀賞を受賞した iMake! ー3次元仮想メイクで全人類の化粧技術向上ーチーム】


【特別賞を受賞したWHITE SPACEチームの大会での様子】


【特別賞を受賞したMaru Vatu Possibleー〇×クイズ支援ーチーム 課題部門のテーマは「オンラインで生み出す新しい楽しみ」】