緊急ニュース新型コロナウイルス感染症に関する対応について

閉じる

お知らせ

本校主催の「令和4年度東海・北陸地区国立高等専門学校技術職員研修会」を開催

  1. 本校主催の「令和4年度東海・北陸地区国立高等専門学校技術職員研修会」を開催

 8月24日(水)~8月26日(金)の期間、本校が主催し「令和4年度東海・北陸地区国立高等専門学校技術職員研修会」を開催しました。この研修会は技術職員の資質向上を図ることを目的として、「東海・北陸地区」に加え「近畿地区」の高専に所属する技術職員から受講生を募集し、主催校を交代しながら毎年開催されています。今年度は、リモート方式で、東海地区から4名、北陸地区から3名、近畿地区から3名、合わせて10名の受講生に参加していただきました。
 研修中は、本校の山田校長による特別講演「ロボティクスから捉えた機械安全」を本校の技術職員全員で聴講し、その様子を受講生に向けてリモート中継を行いました。また、外部講師の協力を得て、豊田市内で開発を進められてるベンチャー企業の「株式会社SkyDrive」の担当者様による「空飛ぶクルマの開発状況や今後の展望」の説明や、愛知県犬山市に拠点工場を持つ「村田機械株式会社」および「ムラテックCCS株式会社」の担当者様にガイドを務めていただく「リモート方式での工場見学」を実施しました。
 初めての試みも多く、準備に大変な部分もありましたが、リモート方式で開催する利点を感じる場面も多く、受講生の皆さんの資質向上に貢献できる研修になったのではないかと感じています。
 研修中、全国的なTeamsのトラブルや、突然の大雨に伴う停電の影響によるネットワーク接続不調などのトラブルが重なりましたが、関係各位の協力により、大きな支障無く研修を終えることができました。


【本校の山田校長による特別講演「ロボティクスから捉えた機械安全」の講演中の様子】


【「空飛ぶクルマの開発状況や今後の展望」の聴講中の様子】


【選択式実習「実習型ボードゲーム教材体験」のリモート対応中の様子】