閉じる

お知らせ

インフルエンザ感染の対応(治癒報告書)

  1. インフルエンザ感染の対応(治癒報告書)

インフルエンザ感染の対応(治癒報告書)

予防には

  • 手洗い、うがい、毎日十分な睡眠、疲れをためない、栄養をとること。
  • かかったかなと思ったら、病院にて診察を受けてください。

感染してしまったら

  • インフルエンザにかかったときは、発症日を除き発症後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで出校停止となります。
  • 学寮では、感染予防のため速やかに帰省していただきます。

治癒し登校する際は

  • 診察時に医師に発症日の確認を必ず行い、所定のインフルエンザ治癒報告書に記入の上、「医療機関の領収書」及び「処方された薬の説明書(受診者氏名及び処方日が記入されたもの)」(いずれもコピー可)を添付して、保健室に提出してください。保健室にて治癒が確認された後、登校及び帰寮を認めますので、特別欠席願を学生課教務係へ提出してください。出校停止の間は、特別欠席扱いになります。
  • 寮生については、感染予防のため休日における帰寮を認めません。休日明けに保健室にて治癒が確認された後、登校及び帰寮を認めます。
  • 様式は、下記ファイルから印刷していただくか、教務係または保健室でお渡しします。

インフルエンザ治癒報告書

インフルエンザ治癒報告書(記入例)

関連リンク