緊急ニュース新型コロナウイルス感染症に関する対応について

閉じる

お知らせ

体調不良時の対応について

  1. 体調不良時の対応について

37.5℃以上の発熱があり,風邪の症状がある場合等には学校に連絡し,登校しないでください。
この場合「欠席日数」とせずに,「出席停止・忌引等の日数」として扱います。

連絡先

  • 在宅時:指導教員(不在の場合は教務係 kyoumu★toyota-ct.ac.jp)
  • 在寮時:宿直教員室(平日日中の場合は寮務係 ryoumu★toyota-ct.ac.jp)
  • 在校時:保健室(不在の場合は学生支援係 gakusei★toyota-ct.ac.jp)

 ★を@に変換してメール送信してください。

行動履歴確認票の提出

出席停止の期間

  • 新型コロナウイルス感染症と診断された場合
    医師が治癒と判断するまで出席停止とします。
  • 37.5℃以上の発熱,全身のだるさ,咳など体調不良の症状がみられ,新型コロナウイルス感染症の可能性を疑い自宅休養する場合
    平熱に戻っても1日(24時間)は,自宅で静養してください。1日(24時間)平熱であった翌日から,登校を認めます。
    例:9月7日~9日まで発熱,10日は1日(24時間)平熱であった。この場合,11日から登校を認めます。(寮生の場合は,11日からの登校及びその日の夜からの帰寮を認めます。)
  • その他,学生本人が濃厚接触者に特定された場合,同居する家族がPCR検査を受けた場合等は,出席停止の期間について,別途,指示します。

治癒し登校する際は

  • 新型コロナウイルス感染症と診断された場合
    「特別欠席願」と「治癒証明書」を学生課教務係まで提出してください。
  • 37.5℃以上の発熱,全身のだるさ,咳など体調不良の症状がみられ,新型コロナウイルス感染症の可能性を疑い自宅休養する場合
    「出席免除届」を持って,保健室に来てください。保健室にて体調が平常に戻ったことを確認した後,登校を認めます。
    ※この場合,指導教員サインは,ない状態で結構です。
    保健室確認後,「出席免除届」に指導教員サインをもらい,学生課教務係まで提出してください。
  • その他,学生本人が濃厚接触者に特定された場合,同居する家族がPCR検査を受けた場合等
    「出席免除届」を学生課教務係まで提出してください。
  • 寮生については,土日祝日等は,体調回復状況について学校側で確認することができないため,休日における帰寮を認めません。
    休日明けに保健室にて体調が平常に戻ったことを確認した後,登校及び帰寮を認めます。

関係様式

以下からダウンロードしてください。

新型コロナウイルス感染症対応マニュアル