バナー
本文へジャンプ 最終更新日:  
          
      




                                 (豊田高専のHPへもどる→)


  豊田高専は地域社会の発展に貢献することをめざしております。
  本校の教員は学生に対する「教育」という重要な役割をこなしながら、学術の向上のために「研究」も行っ
 ており、日常の研究活動の中で得られた研究成果を活用して、企業等との共同研究や技術的な問題に対し
 て相談に応じるなどを行っております。
  企業等の皆様には以下のような制度を設けておりますので、ご活用ください。
 

 

 研究協力制度                         豊田高専は地域社会の発展に貢献します


  技術的な問題に対して、アドバイスがほしい場合は「技術相談」をご利用ください。
  相談内容によっては「共同研究」等でご要望にお応えできる場合もあります。
  なお、共同研究等を行うにあたっては、本校の教員の都合(授業等教育活動)もありますので、当該教員とよく相談してください。


    Click   豊田高専と対等の立場で(共通課題を)研究し、その研究成果を報告しあう。

    Click   豊田高専に課題を委託し、その研究成果の報告を受ける。 

    Click   豊田高専に試験を依頼し、その試験結果(データ)の報告を受ける。

    Click   現場で生じる技術的な問題や疑問等について、アドバイスを受ける。 


 奨学寄附金制度                     豊田高専の教育・研究の発展にご支援をお願いします


 本校の運営は、本来、国からの運営費交付金により運営されるものですが、企業や個人篤志家などから寄附金を受入れて、教育の充実・発展や学術研究の発展のために活用し、人材育成や各種研究協力制度によって、広く社会に還元しております。
 今後、一層の教育研究の充実・発展のために多くの方からのご支援を期待しております。

    Click    豊田高専における教育の充実・発展、学術研究のための支援をお考えの方へ



  

   各種制度の比較 

    共同研究 受託研究 受託試験 奨学寄附金
目的 共通課題を対等に研究 研究を委託 試験を依頼 寄附行為
申込み時期 随時 随時 随時 随時
契約書の締結
契約の期間 複数年契約可 複数年契約可
研究の分担 有・無
成果の報告
特許等の帰属 共同(貢献度による) 原則高専機構 高専機構
間接経費
経費の使用期限 契約期間内 契約期間内 期限なし
納付までの手続き 申込→許可→契約書締結 申込→許可→契約書締結 申込→許可 申込→決定
主な相手先 企業 官公庁 企業 企業、財団等


 ※「技術相談」は申込みのみで、契約手続きは不要です。 もちろん経費(謝金含む)も必要ありません。


   知的財産権

    → 独立行政法人国立高等専門学校機構知的財産ポリシーを参照