豊田高専の紹介

入試情報

中学生の皆さんへ

産学官・地域連携

一般・企業の皆様へ

在校生の皆さんへ

保護者の皆様へ

教職員向け情報

緊急情報(台風)

トップページ > 豊田高専の紹介 > 学生教育 > 教育支援 > 教育改善推進室

教育支援

教育改善推進室

教育改善推進室の概要
 豊田高専には、教育改善の推進および教員の資質向上(これを、FD:Faculty Developmentといいます)を図るために、教育改善推進室が設置されています。教育改善推進室は校長直轄の組織であり、室長1名(教員)、一般学科教員2名、専門学科教員5名(各学科1名)および専属の事務職員1名で構成されています。

教育改善推進室



教育支援の主な業務
教育改善推進室は、

  1. 教育改善計画の企画、立案に関すること
  2. 教育改善計画を実施するための方策に関すること
  3. 教育改善計画の評価及び再構築に関すること
  4. 教員の資質向上に関すること
を担当し、教員に改善事項等を示すとともに、豊田高専にある各種の委員会に対して改善策の提案を行うことを業務としています。

会議の様子(2013年度)




教育改善業務の実施状況
1.教員の資質向上
(1)授業評価アンケート
 学生による授業評価アンケートを、全ての科目を対象に平成12年度から継続して実施しています。評価項目は、学生の理解度、興味、教員の理解度確認、授業準備、熱意等です。評価結果は、学内において、本校の教員および学生に公表されています。

(2)FDシンポジウムおよびFDセミナー
 本校教員が教育改善に関する話題を提供するFDシンポジウムを、平成17年度から年に1〜2回開催してきました。平成20年度からはFDセミナーとともに隔年で開催しています。外部から招待した先生にも講演をお願いしました。取り上げられた話題は以下の通りです。

年度   シンポジウム/セミナー タイトル/テーマ
平成28年度   FDシンポジウム[PDF]
  • アクティブラーニング・・・「学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法」についての理解を共有する
  FD小セミナー
  • 学年学科横断的に取り組む課外活動の成果と課題−多世代参加型都市農山村交流の事例
平成27年度   FD小セミナー
  • グローバルFD研修報告
  • 専門教育に関する英語教育や英語による授業のあり方などについての意見交換
平成26年度   FDセミナー 学生との対話会の意見を踏まえて
  • 学生の意見を拾い上げるための手法
  • アンケート結果のフィードバック
  • F評価を取る学生の特徴、対応
  • まとまりのあるクラス作り
平成25年度   FDシンポジウム
[PDF]
  • 学習に誘う学生指導
平成24年度   FDセミナー[PDF]
  • 授業実践で大切にしていること
  • 授業改善のポイント
  • 教員を続ける原動力
  • クラス運営のポイント
  • 学生に身につけさせたいこと
平成23年度   FDシンポジウム
[PDF]
あなたの教育 に かける思いを教えてください― ティーチング・ポートフォリオの紹介 ―
平成22年度   FDセミナー[PDF]
FD報告会
  • キャリア支援プログラムについて意見交換
  • 松江高専訪問報告
平成21年度 第1回 FDシンポジウム
  • 物理・応用物理に対する学生の関心度調査
  • 全国初!授業手法の支援ツールの紹介
第2回 FDシンポジウム
[PDF]
  • 学習意欲低下調査アンケートとPDCA
  • ヤル気の出る授業アンケート結果分析
  • 学習意欲を育てるには
  • 授業評価アンケート改訂
平成20年度   FDセミナー
  • 学生に対する学習・生活指導
  • よい授業とは何か
  • 日本語コミュニケーションスキル教育
  • 一般・専門間連携
  • 若手教員の悩みと期待する支援
平成19年度   FDシンポジウム
  • 授業評価アンケートの経年変化分析結果−講義科目の理解度・興味を中心に−
  • 低学年の学力不振についての調査
  • 意欲付けのための1学年建築学科学生に対する教務ガイダンス
平成18年度   FDシンポジウム
  • 全校的な授業改善システムの構築にむけて(招待講演:阿南高専一般教科 坪井泰士教授)
  • トホホとアハハの授業実践(授業上の悩みを交えた日々の授業実践報告)
  • 複数学年にわたるPBL実験(学科内ロボットコンテスト)の事例報告
  • 小テストと課題を重視した専門科目の学力定着度について
平成17年度 第1回 FDシンポジウム
  • Scientific Presentation in English(招待講演:京都大学防災研究所教授Dr.Roy C.Sidle)
第2回 FDシンポジウム
  • プレゼンテーションツールを活用した「全員がわかる」授業への取り組み
  • 講義プリントの活用とその効果
  • 工学倫理教育の可能性―誇り高い技術者になろう―(招待講演:名古屋大学工学研究科 黒田光太郎教授)
  • 「倫理・社会」の授業における工夫
  • 学業成績の学年間における相関について
  • 発信型英語教育カリキュラムの構築及び実践
  • 建築学科における日本語コミュニケーション教育


 (3)授業公開週間
 平成18年度から、春、秋いずれかの1週間において、教員同士がお互いの授業を参観し合う授業公開週間を実施しています。この期間は、全ての授業(安全等の問題がある場合を除く)が公開の対象になっています。なお、教育改善推進室が主催してはいませんが、保護者を対象とした授業参観週間も秋の学校祭(こうよう祭)時期に行われています。そして平成24年度には公開期間を2週間とし、さらに平成25年度より春秋ともに2週間の延べ4週間の公開期間としました。

 (4)若手教員向け授業手法支援ツール
 
授業経験の少ない若手の教員のための授業手法支援ツールを開発しています。平成20年度から試験的に運用しています。

2.教育に関する点検・評価

 (1)シラバスの内容の点検
 
科目概要、成績評価方法、授業内容、達成度目標について点検し、必要な場合は、修正を依頼しています。

 (2)卒業生、企業大学向けアンケート
 
本校の教育を外部評価していただくために、平成12年度より、卒業から5年経った卒業生へのアンケートを毎年に行い、そして、同年より実施している企業へのアンケートおよび平成22年度より実施した大学へのアンケートを3年ごとにお願いしています。

3.教育に関する資料の収集と保管
 JABEE(日本技術者認定機構)受審や認証評価機関による第三者評価の証拠資料、および教員の授業改善の資料とするために、書籍、授業記録、試験答案や課題のコピーを保管しています。

4.教育改善の提案

等を提案してきました。

ファイルダウンロード

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は下記よりソフトウェアをダウンロードしインストールしてご覧下さい。
【Adobe Readerのダウンロード(外部リンク)】

このページに関するお問合せ先

広報委員会WWW担当

お問合せ: